紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

MFG紀州釣り部懇親釣り大会

20070701MFG1


MFG紀州釣り部が年2回開催する「紀州釣り大会」に
参加してきました。
関西圏の方を中心に50名弱の参加がありました。

私はほぼ毎回この大会に出させていただいてます。
予選があるわけではないので、MFGに入会していれば
エントリーするだけですが・・・。

■釣りと音楽
久しぶりの釣りでした。DVDやウキを販売しているのに
こんなに長い間釣りをしないということは、あるまじき行為です。

しかし、この空白期間が今回の釣りの集中力を高めて
くれました。

それと、以前とは違って、かなり客観的に自分の釣りや
他の人の釣りを見られるようになりました。

去年までは「釣りたい」この一心でしたが、
今日は、どこか一部、醒めた自分が釣りを見つめて
いました。

こじつけかも知れませんが、音楽をやっていること※が
釣りにも影響しているような気がします。
体をめいっぱい使いながら楽器を鳴らしますが、
その音を冷静に聞く自分が必要です。

熱くなるばかりが釣りではない。
冷静に記憶し、冷静に対処する。
釣りにもそんな力が必要なのではないかと強く感じた遠征でした。

※音楽
昨年9月から、高校時代に吹いていたトロンボーンを
復活しました。先生について習ったり、世田谷の
アマチュアJazzビッグバンドにも所属しています。
ことし7月から8月にはNHKみんなの吹奏楽スペシャルバンド
参加することも決定しました。
20070526sf_make_sn.jpg
写真はビッグバンドのコンサートにて


■大会の概要
場所は兵庫県家島諸島。姫路(網干)から渡船で
数十分の瀬戸内に浮かぶ島が会場です。

人が住んでいる大きな島が多く、こちらは渡船で行っても、
釣り場は地元の人がやって来る、ごく普通の防波堤だったり
します。そんな島の各所に3~5名ずつ選手が配置されました。

釣り場所は、受付時に抽選箱から自分で引くゼッケン番号で
決まります。自分で選べないのが「大会」です。

順位は20cm以上の黒鯛、5匹の重量で争われます。
5匹以上釣った場合は、大きいものから5匹を選んで
検量します。

■今回の結果
20070701MFG2


今回私は6匹釣りました。
釣りのプロセスから言っても、自分としては上出来です。
最後に一番チビをリリースして、5匹の総重量は
約1.6kg。魚のサイズは36cm~22cmでした。

自分としては精一杯の釣果でしたが、
こんなものでは、入賞はできません。
優勝者の総重量は4kgちかく、サイズも40cm以上を
そろえてきています。

今回、一緒に参加した「かじ」さんが
3位に入りました。
関東勢としては、大会での初の表彰台ではないでしょうか。
おめでとうございます。

かじさんも6枚釣った中での5枚検量でしたが
型(サイズ)が揃っていました。3kg越え、おみごと。
おめでとうございます!!!

■自然相手ですから
ちなみに、基本的にサイズは選んで釣れるものではなく、
釣り場所、いわゆるポイントに左右されます。

もしくは、沢山釣れる場所でめちゃくちゃ数を釣って、
大きいのを選ぶしかありません。
(それにもポイントがモノを言いますが・・・)

釣りはポイントが重要ですから、他のスポーツのように
完全に公平な条件という訳には行きません。
それでも、基本的には腕の立つ人が上位に入ります。
どんな条件下でも魚を引っ張り出す力が必要なんだろうと
思います。

■事務局の苦労
今回、多くの参加者が釣果に恵まれた背景には、
MFG紀州釣り部事務局の方々が、手弁当で
何度も試釣に入り、的確なポイントに参加者を
配置したことがあると思います。

家島だったらどこでも釣れるという訳では
ありませんから。

紀州釣り部の永易部長はじめ、事務局の方々には
こういった準備から、大会運営まで、すっかりお世話に
なりっぱなしでした。
いつも、バタバタと参加するばかりで
お手伝いも出来ず、申し訳けありません。

また、マルキュー大阪支店の皆様も、休日にもかかわらず、
大会運営のためにかけつけて下さいました。
この場を借りて御礼申し上げます。

■自分の釣りを展開
いつもは「ぬかすなネットTV」のために自分撮りを
しながら釣りをしますが、今回は小雨交じりということも
あり、カメラは回さずに、自分の釣りに集中してみました。

ぬかすなネットTVファンの皆さんには申し訳け
ないのですが・・・

かじさんも言ってましたが、少しずつ自分の力が
ついてきていることが実感できる釣りでした。

最初の数投で、私の前に黒鯛(ちぬ)が沢山居ることは
想像がつきました。
そこから、いかにハリのついたサシエサを食ってもらうか
の勝負になります。

前日の釣りの影響が出ていたポイントを
なんとか元に戻そうとして・・・。
途中で浮いてしまった魚を、ダンゴの調整で
落ち着かせようとしたり・・・
後半、破綻と釣果のバランスの勝負でした。
この時間帯に割と良い型が出ました。
「捨て投」という考え方も初めて実践できました。

最後は、やっぱり破綻してしまいましたが・・。

魚を寄せる技術と、食わせる技術とがありますが、
今回の私のポイントは、完全に後者勝負でした。

なんだっけかな?永易流なんとか(笑)っていうDVDで得た
知識を総動員しての釣りでした。

■東の5回より西の1回
どこであれ、楽しく釣りができるのが一番だと思います。
日本全国で釣りを楽しんでいる方を否定する訳ではありません。

しかし、私のごく個人的な都合、時間が確保しにくく、釣行回数が
非常に少なくならざるを得ないことや、ネットTVやDVDのことなどを
考えると 関東で5回釣りに行くより、関西で1回釣りをした方が
いいように感じます。

繰り返しますが、これは私の都合で、皆さんの地域での
釣りを否定するものではありません。

私の力で一日やって、1枚2枚釣るのがやっとの関東の釣り場では、
私のレベルでは「いかに1枚釣るか」を考えなければなりません。

今日のように、50人中で8割の人が複数枚の釣果を 上げられる
環境では、私ですら、「いかに多く釣るか」が思考の
中心になります。

釣りを組み立て、自分のポイントを破綻させずに
状況の変化を察知して、それに対応していく。
トライアンドエラーが許される関西と
エラーがエラーであったことですら認識できない関東。

紀州釣りの醍醐味を味わい、テクニックを身につけたり、
また、それらを皆さんにお伝えしたりするのには
やはり今日のように、「釣れる環境」で練習するのが
良いと強く思いました。

DVDについても単に永易さんの姿を撮影すれば良いというものではなく
永易さんの釣りをなんとか理解しようとする姿勢が制作側に
なければ、もっと難解なものになってしまうと思うのです。

釣り事業部の方向性も少し定まった一日でした。
スポンサーサイト



  1. 2007/07/01(日) 23:59:22|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:1|
  4. コメント:17

コメント

師匠ご無沙汰です。

師匠お久しぶりです、umeでございます。

遠路はるばるお疲れ様でした。
まだ疲れも取れていない状態かと
思われますが、早速のご報告感謝します。

今回の釣行が師匠の初釣りだったんですよね?
なのに6枚の釣果とはさすがです。
しかも全然見知らぬ土地で…。

私も先月中旬初めて坊勢島に釣行しましたが
貧果に終わってしまいました。
場所選択の難しさを痛感致しましたが、近いうちに
もう一度釣行したいと思っています。

>エラーがエラーであったことですら認識できない関東。

地元の環境がそんなでしたら、釣りに行こうという
意欲が湧いてきませんよね。
それに比べれば、私は恵まれた環境に居るのかもしれません。

次回マルキューカップには是非とも参戦したいと
思っておりますので、もし御対面出来ましたなら
その時はよろしくお願いします。
  1. 2007/07/02(月) 15:18:52 |
  2. URL |
  3. ume #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです

umeさんお久しぶりです。
早速のコメントありがとうございます。

釣りもブログもすっかりサボってしまってすみません。

またボチボチやっていきますのでよろしくお願いします。
  1. 2007/07/02(月) 15:25:39 |
  2. URL |
  3. まけ #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

なんと神奈川から。。。。

いつもブログ・掲示板を拝見しています>まけさん
。。。が、最近は余り更新されてないので、寂しい感じがしておりました(勝手ですが^;)
「糠と砂の」は私の紀州釣りの出発点でありバイブルでありますので、今後ともボチボチでも書いてくださいませ。

しかし。。やはり糠砂まけさんのパワーは健在ですね~、神奈川から参戦されて、しかも6枚という釣果をきっちりと!!
おめでとうございました。
そして、お疲れ様でした。

ps.
MFGの大会、書かれているように事務局の方の事前準備には驚きました。幸運にも先日てつさんとご一緒させて頂いた時に話を伺い、頭の下がる思いでした。
来年は、MFGへの参加と、何かしらお手伝いが出来れば(出切る事は無いかも知れませんが...)と密かに思っております。
  1. 2007/07/02(月) 16:28:02 |
  2. URL |
  3. 漁馬 #cxq3sgh.
  4. [ 編集]

さぼってましてすみません

漁馬さんどうもです。
今回は場所が良かったので、楽しく釣りができました。

一緒に車で行ったかじさんは、東京から参戦して、
三位ですからもっと凄い。
運転しないことがいかに大切か(笑)
今回は運転手に長男を雇いましたので・・・

本当に、MFG紀州釣り部事務局の皆さんの努力には
頭が下がります。またマルキュー大阪支店さんも
全力でバックアップして下さって、大会を盛り上げて
くれています。
  1. 2007/07/02(月) 17:16:22 |
  2. URL |
  3. まけ #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

 お初です。偶然ホームページを拝見させてもらい、ここに書き込みさせてもらいます。
 私は今まで「バス釣り」を趣味として釣りをしてきました。最近海釣りに誘われ次は「チヌ釣り」じゃという訳で、まずは竿を買わなければとなり、どうしたものか?!
 「私の道具」を参考にさせてもらったのですが、最近の販売しているチヌ竿で是非お勧めの竿があれば教えてもらいたいと思う次第であります。
 価格は出せても2万5千円 可能ならローコスト機能重視w(ブランドに魅力はあるけど我慢)
  1. 2007/07/02(月) 23:56:25 |
  2. URL |
  3. タケ #TRcOFq4w
  4. [ 編集]

タケさん。はじめまして。
私は道具のことに余り詳しくないので、
できれば「ぬかすな掲示板」の方に質問してもらえれば、みんなの意見が聞けるかと思います。

http://bbs10.fc2.com/php/e.php/nukasuna/

ちなみに私が今メインで使っている竿は、
がまかつのちぬ競技スペシャルⅡ08号です。
値段は2.5万円を1.5万円ほど上回りますが・・・。
  1. 2007/07/03(火) 00:12:41 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

有難う御座います

 お早い返事有難う御座います。遅れての報告すいませんが、私の「バス釣り」のブログのお気に入りに入れさせてもらいましたw今後もチョクチョク参考にさせてもらいたいと思います。宜しくお願いします。
  1. 2007/07/03(火) 00:33:58 |
  2. URL |
  3. タケ #TRcOFq4w
  4. [ 編集]

こちらこそ、よろしくお願いします。
  1. 2007/07/03(火) 00:45:18 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

なにげにスルーしてしまいましたが

師匠どもです umeでございます。

先日はお疲れ様でした。

またこないだはコメントしずらい部分に食い付いて
申し訳ありませんでした。

さて、釣り大会の事に気をとられてしまっていましたが
バンド活動もなさっていいるとか
して、NHKのスペシャルバンドには個人として
参加されるんですか? 

いろんなところで精力的に活動されているようで
なんか羨ましいです。

またどこかで経過をご報告下さい。
楽しみにしております。
  1. 2007/07/07(土) 00:01:49 |
  2. URL |
  3. ume #-
  4. [ 編集]

バンドのこと

NHKの奴は、個人で参加です。全国から100人、いろんな人が集まり、2回の合同練習、リハーサル、で8月26日にNHKふれあいホールという所でコンサートを行います。その経過や本番が番組になるんでしょうね。

一応オーディションがあって、ビデオ送って容姿で合格した訳で(ありえへん)・・・。

レギュラーバンドは、Swing Fellow'sという、
20人以上いるJazzのビッグバンドです。
こちらはもう2回、ステージをやりました。

この夏は、出身高校のOBバンド(吹奏楽)の
コンサートにも出場予定です。

どこかでこのへんの話もできるといいと思ってます。

高校卒業以来25年のブランクからの復活で
楽器買うところからスタートしてますので、
語ると長い!

少なくとも紀州釣り修行記じゃないからなあ。
トロンボーン修行記でも立ち上げますか・・・。
  1. 2007/07/07(土) 08:03:37 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

こんにちは☆

はじめまして!紀州釣り初心者ですが、まけさんの話を読みながらいろいろ勉強させてもらってます。
そこで一つ質問があるのですが教えて下さい!

永易名人も所属するマルキューのサイトで、モニター?テスター?の人たちがベース材にフカセ用の集魚材(メ○ミックスチヌなど)を混ぜているのを目にします。しかし、まけさんの話によるとこれってやっちゃいけないことのような…。
集魚を強くしすぎると良くないというのはなぜですか?ぜひ教えて下さい!
  1. 2007/07/14(土) 03:28:28 |
  2. URL |
  3. ニーノ #mQop/nM.
  4. [ 編集]

ご質問ありがとうございます

ニーノさん。はじめまして。
ご質問ありがとうございます。

なかなか鋭い質問なので、少し長くなりますが、
我慢して読んでいただけるとうれしいです。

最初に、釣りは人それぞれの考え方があります。

海に囲まれた日本の長い歴史の中で、地域地域での釣法が発達してきました。「釣り」はローカル情報の集合体であるとも言えると思います。

突き詰めると、地域によるし、人による。というのが釣法です。

ですから、どれが正解で、どれがダメとか言うのではなく、皆さんがそれぞれ信じる方法で楽しむものだと思っています。

私が私のサイトやブログで書いていますのは、「私が目指す釣り」についてですので、必ずしもそれが全ての場合において正解であるかどうかは、判りません。

そもそも、前述の理由により、どれが正解かを論じるべきではないと考えています。

ただ、私が釣りに割ける時間は、限られていますので、迷っている時間がもったいないと思うのです。自分が信じた道をひたすらに進むのが、上達への最短距離であると思っています。これは私個人の考え方です。

そんな中で、たまたま、永易さんのその周辺の方々と出会い、その考え方に衝撃を受け、その後もその釣り方を学ぼうと活動しているという訳です。
同じ志向を持つ方に、少しでも手助けになればと思い、自分が得られた情報は公開するようにしていますが、そうでなくてはいけない、というような「マニュアル」としては受け取って欲しくないのです。

ものごとに突っ込んでいく性格なので、サイト内の昔の記述には、かなり偏った書き方もあるかもしれません。でも、少なくとも今はこんな風に考えています。

前提が長くなりましたが、
「集魚を強くしすぎると良くない」という件については「『強ければ強いほど良い』という訳ではない」と考えてみてください。

私が目指している釣りでは、集魚力は可変のパラメータのひとつです。調節しながら最適値を探っていきます。
(場合によっては、私もチヌパワーをダンゴ材に入れる時もあります)

マルキューのテスターさんたちがマルキュー製品をお使いになるのも、理由があってのことだと思います。

テスターさんというのは皆さん釣りがスーパー上手い方なので、それまでに培ってきた技や考え方がいろいろあって、集魚材の使い方も人それぞれ、いろいろお考えがあるのだと思います。

繰り返しになりますが、釣りというのは地域や人それぞれです。大げさに言えば、「文化」なんですね。

ですから、マーケティングや現代的なコミュニケーション手法でそれを統一しようとする考え方の方が私には不自然に思えます。

そういう意味では「永易流」も、多様な釣り文化の中の、ひとつの流れなのだと思っています。

極端に言えば、釣りにマニュアルはありません。
これじゃなくちゃダメと考えるのではなく、
やってみたら良いと思います。

永易さんにしても、若い時から、ものすごく時間とお金を使って、いろいろなものを犠牲にして、試行錯誤を繰り返してこられたと聞いています。

ニーノさん、あまり直接的な回答になっていないかと思いますが、歳をとればとるほど、歯切れが悪くなってすみません。特に奥歯の方が(笑)

という訳で、今後ともよろしくお願いします。

ただの釣り好きのオヤジより。
  1. 2007/07/14(土) 08:24:03 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

もう一度だけ…

回答ありがとうございます!「永易流も多様な釣り文化の中の一つ…」なんか心に響きました☆
しかしやはりまけさんを通じて知った永易流について興味は尽きません。そこで、もう一つだけシロートの疑問に答えていただけますか?

(ボラが押し寄せるような状況ではないとして)

えさをできるだけ動かさない、というのが基本(もちろんそれ以外にもテクがあるんでしょうが)だと聞きました。そこでウキがダンゴを感じないぐらいのウキ下にすると、確かにエサはその場にとどまるのですが、エサが崩壊した(山なりになった)ダンゴの下に隠れていつまで経っても出てこない気がします。
5分ぐらい待ってもまったくエサがとられないので、次第にウキがしもらない程度で、潮の流れでゆっくりと糸がエサを引っ張るぐらいのウキ下にしてしまいます。そうするとエサは取られるんですが…。

私には、ダンゴからエサが出てないと釣れない気がするので「エサを動かさない」ということが頭に入っていても、「投入後2分後くらいに潮の流れを受けた道糸に、崩れたダンゴの中からエサをゆっくりと引きずり出させる」という感じで限界です。

「エサを動かさない」という戦略をとる時、ダンゴの中にエサが埋もれたままになるのはダンゴの大きさのせいなのでしょうか?
ちまちました質問で申し訳ありません。まけさんの意見を聞かせてください!
  1. 2007/07/14(土) 09:27:46 |
  2. URL |
  3. ニーノ #-
  4. [ 編集]

ニーノさん。どうもです。

このご質問も、見てもない海底の状況を論じなければいけないというところで、かなり辛いものがあります。

あくまでも個人的な意見として聞いてください。
水槽のような完全に静止した状態では、おっしゃるような現象が起こるかも知れません。

しかし、実際の釣り場では潮の流れがあります。
ダンゴは崩壊しながら、程度の差はあれ、拡散します。

それと、サシエサを動かさないといっても、ハリと仕掛けの付いたサシエサには、少なからずテンションがかかっています。水中のハリス・道糸が受ける抵抗だけでも、かなりのものがあると思います。

つまり、そこに「置いとこう」としても動いてしまうのがサシエサです。

逆に言うと、意識して動かそうと思ったら、思った以上に動いたり舞い上がったりする危険があります。

ダンゴが崩壊した直後、できるだけその場にサシエサを留めておく、というのが私なりの「エサ止め」の
解釈です。もちろん永遠に止めておくことはできませんが。

普通にしていたら(タナを詰めた設定)、サシエサは多分とんでもない挙動になるのだと思います。

さて、ダンゴと仕掛けとサシエサだけで考えるとこんな風ですが、ここにエサトリがからんできます。

フグなどは、なんでやねんと思えるほどエサを発見するのが上手だと思います。集魚をコントロールすることの意味がここにあります。ある程度のエサトリの数は必要なんですね。別に掘り出させる訳ではありませんが・・・。

あとは、釣りの組み立てです。

そこにチヌが居て、きちんとダンゴが持っていたら、
崩壊前からダンゴにハナを付けていたように、
喰ってきます。

それどころか待ちきれずにダンゴにアタックしてくる
チヌも居ます。

一日の釣りの流れのなかで、そういう「時合い」を作ることができるかどうか。またその状態をいかに持続できるかが、釣果に影響すると思っています。

また、一投の中にも「時合い」があり、チヌが喰ってくるタイミングを作りだしてやる必要があります。

なかなかできないんですけどね(笑)

文章でお伝えするのは、大変むづかしく、
かなり端折っての回答になっています。
誤解を招く表現が混じっているかも知れませんが
ご容赦ください。

ちょっと出かけますので、次のレスは遅くなります。

  1. 2007/07/14(土) 09:46:42 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

ありがとうございました☆

気になっていたことを思い切って聞いてみて良かったです!これからもまけさん達に近づけるように精進していこうと思います!

あつかましいですが、これからもまけさん達がビシっと釣り上げる動画のUPお願いしますね☆
それを見て癒される(ボーズを忘れられる)視聴者は私だけではないはず…。
ありがとうございました!
  1. 2007/07/14(土) 10:21:28 |
  2. URL |
  3. ニーノ #-
  4. [ 編集]

ありがとうございます

ニーノさん、ていねいなコメントありがとうございます。

そうでうすね、ぬかすなネットTVも最近更新してませんから、頑張らなくっちゃ。

今後とも、よろしくお願いします。

そういえばDVD其の参もやらなくっちゃな。
  1. 2007/07/14(土) 10:27:41 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

コメント書くところ間違えました 汗

こんにちは!以前まけさんから意見を頂戴しましたニーのです☆最近ブログが更新されていないので寂しく思います…
そんな忙しいまけさんに恐れ多くもまた質問させてください。
自分では結構かたく握ったつもりのダンゴでも、アタリが全くないままエサが取られてしまいます。底をウキのトップすれすれまで切ってもウキには何の動きもなくエサはとられています…。
ウキは永易ウキの小を使わせてもらっています。えさ取りにはカワハギやサンバソウがいるみたいなのですが、こういう状況ではまけさんならどういう選択肢を考えますか?
また、以前やっと自分にも大物と巡りあう機会があったのでずが、ギュンギュン潜られてびっくりしてしまい思わずラインを出して根ずれで切れてしまいました。大物がかかった時は、どういう対処をすればいいのでしょうか? 漠然とした質問ですがまけさんを勝手に師匠と仰いでいる自分に手ほどきをお願いいたします。
  1. 2007/10/22(月) 21:43:35 |
  2. URL |
  3. ニーノ #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dangoman.blog11.fc2.com/tb.php/39-60fa3b9e

釣りの思い入れ

在庫状況:お取り寄せ「東北楽天ゴールデンイーグルス」「福岡ソフトバンクホークス」「オリックス・バファローズ」に対応した野球シミュレーションゲーム。「東北楽天ゴールデンイーグルス」のフランチャイズ球場となるフルキャストスタジアム宮城を始め、東京ドームに新た
  1. 2007/07/30(月) 01:07:36 |
  2. スポーツへの思い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。