紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

2006マルキューカップ紀州釣り大会@家島

7月は、先の記事に書いた他に、もう一回7月16日に某所へ遠征し、
思ったより貧果の3枚でした。

その後、8月に入ると仕事がピークを迎え、正直釣りどころでは
ありませんでした。そんな状況下でも9月3日に兵庫県の家島で開かれる
この大会だけは、なんとか出場したいと考えていました。

新幹線か飛行機での関西入りを画策しましたが、
結局、荷造りする時間が無く、断念。
前日にバタバタっと荷物を積み込んで、車で行くことになりました。
060903運転


昼過ぎから走り出して、夜11時には会場近くに到着し、仮眠。
3時過ぎに会場に行くと、既に沢山の人と車。
いよいよ、年一回の大会の始まりです。

060903説明


今回は90名を越える選手がエントリーしています。
くじ引きでゼッケン番号をもらいます。
この番号でポイントが決まりますが、順番が来るまで、どこで船から下ろされるかは判りません。

同じ場所に下りた人の中では、番号が若い人からポイントを選択していくルールです。

■大会ボウズ脱出の秘策は

これまで何度もマルキューカップや、MFG紀州釣り部の大会などに出てきましたが、一度も本命を釣ったことがありません。いわゆる「大会ボウズ」です。

7月のてつさんとの釣行で、「自分の釣りができていない」という問題点があるように思いました。大会に限らず、人に影響されすぎ、あせり過ぎです。
自分のやり方を信じ切れない、自信のなさの裏返しでもあります。

今回の大会では、とにかく「自分の釣り」をすること。
これだけを心に決めて渡船に乗り込みました。

060903船の中


てつさんとはゼッケン番号が近く、ポイントが一緒になる可能性もありました。

■3度の大会で3回とも・・・
船に乗り込んだ大会役員の指示で、家島本島のポイントに、ゼッケン番号順にどんどん人が降りて行きます。
そして船が向かった先は、坊勢島。
護岸に数人降りたあと、舳先が向いた先は
「あれ?もしかして・・・」

060903ウキ桟橋


過去2回のMFGの大会でボウズを食らった「浮き桟橋」と呼ばれるポイント。
テニスコートがすっぽり入るくらいの、巨大な鉄とコンクリートの箱を海に浮かべたもの。

ここは、とにかく水深があるのが特徴。浅い所でも20mほど、
深いところでは20mを超えています。

2台並んでいる「浮き桟橋」に今回は4~5人ずつ下ろされました。

3回訪れた家島諸島で、3回とも「浮き桟橋」が割り当てられるとは・・・。
あまりの縁の強さにびっくりしながらも、
過去2回ボウズだった「外向き」は止めて、
「内向き」に座ることにしました。

てつさんは隣りの桟橋で、外向きに釣り座を取っていました。
060903隣りでてつさん


■自分の釣りを
釣り始めて1時間。
きれいに浮きを消しこむアタリで、チヌがかかりました。
あまりに時間的に早いアタリに半信半疑のアワセだったせいか、水面で魚がハリから外れてしまいました。

水深20mの深場では、しっかりアワセなければならないようです。
なにせ、過去2回チヌを釣ったことがないので、初めて判りました。

がっかりしましたが、「いつもの釣り方で釣れる」そう思ってちょっと安心もしました。
そこからは割と落ち着いて釣りができました。。

左側、隣りの桟橋内向きの釣り人が、ポツリポツリとチヌを釣り上げています。
がまかつの竿、糠団子、永易ウキ、団子を握る時間。
初めてお会いする方ですが、かなりの永易流の使い手とお見受けしました。
言葉は交わしませんでしたが、この釣り人の存在が、ずっと私を勇気づけてくれていました。
私もいつもの釣り方に徹することにしました。

■団子アタリ
次にアタリが出たのは、1時間半程後。
21センチの小チヌでしたが、これで判ったのが、チヌが寄ると、
必ず団子アタリを出してくるということです。

1枚目のバラシの時もそうでした。
そういえば、前にここで数を釣った、バクダンさんも同じことを言っていました。

060903竿曲がり


しばらく我慢の後、この日自分の最長寸となる34センチ。

団子アタリの後、前アタリ。しばらくして、ズバーっとウキを消しこんで行きました。
アワセを入れたら、ベールが返っておらず、スカッと空振り。
リールから糸がバサッとでて、ハンドルに絡んでしまいました。
魚はしっかり食ったようで、ウキはどんどん潜って行きます。

緊急事態です。絡んだ糸を外さないと、竿の弾力が生かせず、
またバラシてしまいます。

幸い、絡みはそれほどでもなく、すぐに外れました。
魚もまだ付いています。
追いアワセをくれてから、浮かせました。
ラッキーな釣果でした。

■取りそこねた大物

深い場所で、フグ・ベラなどのエサトリも活発です。
油断すると、団子が着底しなかったり、着底しても30秒持たない
状況になってしまいます。

「攻め深場」を主体に、ほんの少し糠を加え、あまり水分を多くしすぎず、
かといって、パサつき過ぎない範囲の団子を、しっかり握ります。

釣れた後、ハワセ方向でトライしてみるのですが、どうも反応が出ない
ようでしたので、結局ずっと「トントン」。
団子の割れがウキで判る範囲で、しかも団子が割れた後、大きくエサが
動かないようなイメージの設定を維持しました。

微調整を繰り返しながら釣っていると、またウキがゆっくり沈みました。
アワセてみると充分な手ごたえ。
ゆっくりと竿でタメてから・・・と思っていたら、
ハリスが切られました。

どうやら水中にロープか何かあるようです。

その後、ポツリポツリと20センチ台を追加し、合計5尾。
検量対象の数がやっと揃いました。

納竿まであと20分となったので、少しアミエビを追加して、
最後の釣果を拾いに入りました。

3投ほど、エサを盗られて、本当の最後の一投。
ゆっくり入るウキ。

アワセると手ごたえ充分。
最初抵抗した魚は、途中まで浮いてきました。
ちらっと、優勝スピーチを考えてしまいました(笑)

と、姿が見える直前。急に反転しました。
竿がノサれそうになり、思わずレバーを緩めます。
ブーンと糸が出ていきます。

レバーを握りこんでも、ズルッズルっと、止まる気配がありません。
しかも、桟橋の下に潜って行きます。

「まずい」
思った時にはすでに遅かったようです。
何かにハリスを巻かれてしまいました。

無理に引っ張ると、ハリスが真ん中から切れて戻ってきました。

ああっ。

正体はわかりませんが、時計を見ると時間になっていました。
これにて納竿としました。

■検量と表彰式
060903chouka


撤収・上陸後、検量をしてもらいました。
今まで大会で釣ったことがなかったので初めての経験です。

5匹1300g。
これが私の結果。

060903上位


優勝者は5匹で3260g
二位は2660g
(二位はなおきさんでした、おめでとうございます)
三位、2650g
私が倍釣っても、まだ足りません。

優勝の方は8匹、二位のなおきさんは20匹ほど釣って、
その中から選んで検量したとのことです。
私のように、ぎりぎり5匹では太刀打ちできるわけは
ありません。

私が釣れる時には、やっぱり皆にも釣果があり、
参加者のうち6割以上の方が釣っていました。

しかし、釣れなくてうなだれて帰るよりは、
少しでも釣果があった方がうれしいのは確かです。

大会が盛り上がるように、多くのポイントを試釣調査して
ポイント毎のキャパシティーを決め、無理がないように選手を配置
してくれた、大会関係者のご尽力に感謝します。

また、当日も朝早くから運営にあたっていただいた
マルキュー社員の方々、インストラクター、フィールドスタッフの方々
にこの場を借りて御礼申し上げます。

来年もまた、大会が成功するよう願っています。


スポンサーサイト



  1. 2006/09/03(日) 23:14:30|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4

コメント

お返事、遅れてすみませんでした。
マルキューカップお疲れ様でした。

ぬかすなTv更新されていたので
帰りの道中、何事にもなく無事に帰れたみたいで
良かったです。

これからも末永く宜しくお願いします。
  1. 2006/09/21(木) 11:57:26 |
  2. URL |
  3. いしばし #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

って何の返事やろ(笑)
  1. 2006/09/21(木) 15:59:23 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

マルキューカップ

今回大会で坊主突破~おめでどございます、そしてお疲れ様でした。僕は三年敗です。一年一回の大会、行ったこともない場所で、魚を釣った時の喜びは溜まりませんですね、、来年も成績を残すだめかんばりましょ。宜しく。
  1. 2006/09/21(木) 22:41:29 |
  2. URL |
  3. ちぬ一本 #-
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます

ちぬ一本さんコメントありがとうございます。
しかしながら、次の秋田遠征ではまた・・・。

初めて竿を出す場所で、釣果を出すのは、
やっぱり大変です。
リベンジの宿題ばかりが残ります。

今回高知から毎年参加されている方が
三位に入られてました。
これはなんか嬉しかったです。
  1. 2006/09/21(木) 23:30:56 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dangoman.blog11.fc2.com/tb.php/30-b9a9aded
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。