紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

永易ウキケース(コンセプトモデル)

永易ウキケース(コンセプトモデル)

ちょっと「ぬかすな掲示板」で話題になったので、永易ウキのケースを試作してみました。

ホームセンターコーナンで売っていた手ごろなケースと、
発泡ゴム?を使用しました。

※関東にもコーナンがあるんです。無添くら寿司と、スーパーLifeの
関西資本の組み合わせで、大船にショッピングセンターがあります。

作っておいてなんですが、作ってる最中に「こりゃ駄目だ」と思いました。
ウキの固定は、黒い発泡素材にV型に切れ込みを入れてあり、そこにはめ込むのですが、はめるのに時間がかかります。ほんの少し。

永易ウキケース外観(コンセプトモデル)


実釣では、そんなに丁寧に扱えないと思うのです。
Mを使っていて、「次はS」と思ったら、
今の一投のダンゴが割れるまでの間に、Sを手に取らなければいけないし、
海上のウキの動きからもあまり目が離せない状況がしばしば。

次のウキは口に咥えて、仕掛けを回収し、ウキを外したら、
水汲みバケツに放り込み、次のウキに交換します。

こんな状況では、丁寧にケースに入れていられない。

そんなことから、この固定方法は実戦向きではないような気がするのです。

それと、4本しか入らない。
Sの目印大小・Mの目印大小・・・SSはどうする?
紛失した際の予備は?
ということでケースが大きい割に収納本数が足りません。

いいところは、寝ウキや、玉ウキ、永易潮切りウキなども
一緒に入れられるところでしょうか。

あくまでもコンセプトモデルです。

ケースのサイズはいいようですので、柔らかいウレタンでも敷き詰めた方が
良いかも知れません。

ま、お遊びということで。

ちなみに、永易潮切りウキのSML3つが綺麗に入るケースがあります。
写真の35mmフィルムのケースです。
このケース、あまり見かけなくなりましたが、綺麗に3つ入って、
ベストのポケットでも邪魔になりませんし、押されても潰れないので、
これはお勧めです
スポンサーサイト



  1. 2006/04/27(木) 22:08:24|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dangoman.blog11.fc2.com/tb.php/26-c803dbbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。