紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

紀州釣り界(笑)初の永易流のDVD初回出荷とその反響

永易ウキ
写真はDVD「紀州はわせ釣り 永易流奥義 其の壱」より
いったい、日本に「紀州釣り」や「団子釣り」をやっている人は何人いるのだろうか、ずっと疑問に思いつつも、適切な解答は見つかっていません。

そんな事を考えているより、「出してしまった」方が早かろうと、
発売した、2枚組みDVD「紀州はわせ釣り 永易流奥義 其の壱」ですが、
4月17日に、無事初回出荷を終えまして、早い方には18日にお手許に届いたか
と思います。その後は、順次出荷をさせていただいております。
※DVD取り扱いは「紀州釣りドットコム」にて

お買い上げいただいた皆様には、早速、私のサイトの「ぬかすな掲示板」やメールで、励ましやご感想をいただいております。

2枚組み、本編240分という長編であるため、全貌の把握にはまだまだ時間がかかるのではないかと思います。
夜更かし、遅刻が続出している雰囲気もしておりますが・・・。
皆様、仕事に支障が出ませぬよう・・・。

■てつさんのブログから
さて、永易さんの釣りを良く知る方のひとり、「てつさん」のブログ=「ブログD」にもDVDの感想を書いていただきましたので、勝手に引用させていただきます。

以下引用-------------
色々興味深い部分がありましたけど、つまるところキモは「トントン」かと。
これは僕に限っての事ですけど、「ハワセる」ってのはエクスキューズにしかなってないんじゃないかと思いましたね。
以上引用-------------

私も、このDVDの制作作業を通じてまず思ったことはこの点です。
DVDの中では「判り易い設定」と永易さんは言っていますし、
私も現場では、安易に同意していますが、
改めて映像で見ると、「ちっとも判らん」のです。

自分の「判り易い設定」は、もっとタナが詰まっています。
確実に。もう、エサが底切れてると思います。
そこの「釣りの入り」からして違うんですね。

こういう風に書くと、
「あー、そこをいじる前に・・」という永易さんの声が聞こえてきそうですが・・・
私の場合には、この事実よりも、今は「団子の締め」の問題が重要です。

なぜなら、トントンの状態を作ろうとして、ナンボ精密にウキ止めを
動かしても、団子が割れる時間が一定でなかったら、その意味が薄れて
しまうからです。

極論すれば、団子の割れるタイミングが一定していれば、
ウキの動きやそれに影響を及ぼすタナ設定はあまり関係ないとも
考えられるからです。

潮の流れや、風などその他にも「タナ」に影響する要因は沢山ありますが、
一つでもパラメータを減らせたら、ぐっとシンプルになるのではないか、
それが私の場合は「団子を締める」という所なんですね。

てつさんは、そのあたりをクリアされているので、
かなりシビアに「トントン」問題を捉えられているのだと思います。

■人それぞれの発見がありますように
別にてつさんに喧嘩を売っている訳ではなくて、
このDVDは、見る人それぞれによって、発見が異なるし、
また、長い間に、自分の釣りが変化していくことによって、
見直すと新たな発見が生まれるのではないかと思います。

ちょっと見て、「判った判った」あるいは
「永易さんて凄いねんなあ」というモノは作りたくありませんでした。

発見の素材として、長い間皆様にご覧いただけるように、
できるだけ「情報を残す」方向で編集を行いました。

尺(番組の長さ)は長いし、カットは退屈だし、
最初は判りづらいかも知れませんが、そういう目で繰り返し何度も
ご覧いただければ幸いです。

■皆様の智恵で、進化していきます
皆様がこのDVDをご覧になって何を発見されたか、どういう所が判りづらかったか、是非お聞かせください。
トラックバック、コメントもどんどんお寄せください。

「DVDを出す」ということは、実は行為の半分に過ぎません。
これをきっかけに、皆様の智恵をここに集結し、
さらに皆様の役に立つものを創り上げていく、
ここに、「ぬかすなDVD」の真骨頂があります。

もはや、「送り手」が「権威」である時代は終わったと思っています。
送り手と作り手の間に垣根を作っている場合ではありません。

皆様どうぞ、ご参加ください。
いっしょにより良い物を作って行こうではありませんか。
(ってちょっと「痛い文体」ですけど)


スポンサーサイト



  1. 2006/04/20(木) 13:03:10|
  2. 紀州釣り番組配信【ぬかすなネットTV】|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:2

コメント

どうも、てつです。

ウチのブログで、”ハードコアに作りすぎたかも”
というお話がありましたけど、そんな事はないと思います。

今回のDVDでは「流れ」が映像化されていて、ソコが一番の魅力なんだと思います。
既存の釣りビデオに欠けているのは、正にこの部分だと感じていましたから。
実釣でない時に、言わば、自分の欲が出てこない時(笑)に、釣りの「流れ」を
確認できるというのは、あまり出来ない事ですしね。

確かに、余計なHowToが与えられていないので、「見よう」とする気持ちがないと
結構退屈ですが(笑)、その分「気付き」の幅は大きい。
どこに気付くかっていうのは人それぞれ違うでしょうけども、
「気付く」事が大事なんでしょうし。

僕は今回「トントン」について教えてもらいましたよ。
まだまだあるんだろうなぁ。
  1. 2006/04/21(金) 10:30:36 |
  2. URL |
  3. てつ #-
  4. [ 編集]

どもども

コメントありがとうございます。
そうですねえそのHow Toの無さが、不親切だったかなと懸念しているのですが、それはまた別のタイトルで実現するべきなのかも知れません。
永易さんじゃなくて、てつさんに出てもらおっかな。
  1. 2006/04/22(土) 07:48:33 |
  2. URL |
  3. まけ #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dangoman.blog11.fc2.com/tb.php/25-005c8102
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。