紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

佐島沖堤で紀州釣り修行 撃沈 2006年3月27日

3月27日に房総での初釣りで、小さいながらも2尾の釣果を得たところに、
団子団団長から平日釣行のお誘いが・・・。
たまたま仕事が空いていたので、三浦半島佐島沖堤にご同行させていただくことにした。
佐島沖堤
▲狭くなった佐島の釣り場

さて、佐島沖堤は、工事が行われ、有名ポイントである「への字」の付近
まで堤防が高くなり、外側にテトラが入ってしまった。

その影響で釣りができる範囲が狭まり、ただでさえ混雑する釣り場の状況
が一層悪くなったようだ。

この日も、竿を倒せば隣りの頭が小突けるくらいの距離感で、いろんな団子師が並んだが、唖然としたのは、さらに後からきて、その間に割って入ろうとする人がいること。

マナーと言うよりも、感覚の違いなんだろうと思うけど、
あまりのことに空いた口が塞がらない。

釣りの方は、前回の房総と同じく、ノッコミ対応で調査モードの釣りを
続けるが、全くチヌ気を感じないし、エサは残る方が多い。

隣りの団長がエサが盗られると言い出してしばらくして、
ボラをかけた。

その後またしばらくして、竿を曲げたのだが、これがチヌ。
雰囲気とかそういう事ではなくて、単発だ。

団長釣果
▲団長の40センチ級

そんなもんかと思っていたら、一人だけコンスタントに竿を曲げている人が
おり、その人だけ5尾。

後ろから見ていると、我々の釣り方とは違うが、あるパターンを
毎回作り出しており、空アワセはほとんどなく、竿が鳴ると、
必ず曲がるという状態で、上手さを感じた。

後で師匠に状況を伝えると反省点は、
周りに影響されずに、周りの影響を考えること、とのこと。
冷静さと戦略性に欠けていたようだ。

ボーズだったし、今回はこれでおしまい。
スポンサーサイト



  1. 2006/04/01(土) 22:05:43|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

コメント

実は私も

昨日、佐島沖堤で紀州釣りのシーズンインしてきました。ちょうどまけさんと団長さんの席の中間くらいで釣りましたが、ボーズでした。

マッハを使わず、砂を少なくサナギとアミエビが多い軽めのダンゴでいろいろ試しましたが、気配もなかったです。

つね丸のおかみさんによると、最近は複数尾釣る人と、ボーズの人にはっきり分かれる傾向にあるそうです。どうも釣れるポイントはごく狭いようです。

黒潮の関係で水温が、房総>三浦>沼津なので、沼津で紀州釣りが出来るのはまだずいぶん先になりそうです。私の今年の初黒鯛はいつになることやら。

昨日の久々の紀州釣りで、両腕が筋肉痛状態ですが、これもなにか楽しいです。
  1. 2006/04/02(日) 23:05:51 |
  2. URL |
  3. EastF #VtFe07s6
  4. [ 編集]

>周りに影響されずに、周りの影響を考えること、とのこと。
私も心がけて釣りをしているつもりでも知らず知らずに影響され、冷静さをかけている事がよくあります。

やはり、最終的には自分との戦いなんでしょうか?
  1. 2006/04/05(水) 12:27:50 |
  2. URL |
  3. いしばし #-
  4. [ 編集]

返事遅れてすみません

EastFさん、いしばしさん
コメントありがとうございます。
佐島はまだ行けるみたいですね、

私も沼津のスタートをいつにするか
悩むところです。
  1. 2006/04/07(金) 17:59:44 |
  2. URL |
  3. まけ@ダンゴマン #Oa2f/7z.
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://dangoman.blog11.fc2.com/tb.php/23-4f64571e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。