紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

秋田で永易啓裕さんの紀州釣りセミナーに参加

長々引っ張りましたが、12日はいよいよ、セミナー本番です。
東北でこのような紀州釣りセミナーが開かれるのは
もちろん初めてのことだと思います。

■まずは陸っぱりでレクチャー
060911oga_sn-8.jpg


早朝から、沢山の参加者の方々が永易さんの話に聞き入ります。
思っていたより皆さん熱心なので、びっくりするとともに
ひと安心しました。

難解な永易流。みんなドン引きだったらどうしよう・・・
そんな心配は杞憂に終わりました。

060911oga_sn-6.jpg


永易さんのしゃべりも冴え渡っていました。
スイッチ入ると、イントネーションまで変わるんですね。
そんなことより、的を得た説明は今まで聞いた中でいちばん
判りやすかったと思います。

060911oga_sn-7.jpg

060911oga_sn-10.jpg


前日の試釣でつかんだこの釣り場に合った紀州マッハのブレンドパターンを説明し、団子の握り方をレクチャー。
握った団子を、落として「ゴン!」には、割れない団子に参加者から驚きの声が出ていました。

ちなみにこの日の配合は、
紀州マッハ攻め深場 1袋
紀州マッハ 半袋
細びきさなぎ900g 半袋
海水 600ccで調整後、さらに200cc
(最後の200ccは微調整しながらでも良い)
最後に「シメ」としてチヌパワーを400cc
でした。

■ぬかすな視聴者登場

060911oga_sn-11.jpg


陸っぱりでのレクチャーの後、渡船に分乗し、会場の波止へ。

あれ?永易さんが入る予定の釣り座に、先客が・・・。
この波止は、根元が地続きになっており、長時間かければ
歩いてくることができるのです。

予想外の事態でしたが、先客も驚いたことでしょう。
ひとりで釣りしてたら、いきなり船で何十人も人がやってきたのですから。

ここで、早速かじさんの「人釣り」トークが炸裂します。
まじめにこれは才能だと思います。

そして、この先客さんが、ぬかすなネットTV視聴者と判明しました。
かじさんやKishiさん、そして永易さんや私の顔はご存知だった訳です。

それなら話は早い。
マルキューさんに成り代わり、私がサービスいたします(笑)
だって私の所の「お客さん」ですもの。
なしくずしに、セミナーにご参加いただき、
半ばおしつけ気味に、私の使っていた永易ウキもプレゼント。
(D社のウキをお使いでしたので、セミナー内容を実践するのには
やはり本物が必要かと・・・)

やっぱりネットの縁の広がりというのは馬鹿にできません。
こんなところで、しかも永易さんが一緒の時に
視聴者の方とお会いできるのですから。
私の方がすっかり舞い上がってしまいました。

■実釣指導

さて、セミナーは仕掛け、サシ餌、タナ取りなどの説明の後、
個人別の実釣に入りました。
永易さんも、実際に釣りをされ、程なくして1尾上げられました。

1枚上げたところで、永易さんは個人指導に入られました。
参加者ひとりひとりの釣り座を回って、
その人に合ったアドバイスをずっとされていました。
これは参加者にとって、かなり役に立ったのではないでしょうか。


私は撮影の都合もあり、永易さんの隣に釣座を取ります。
「昨日と少し状況違います。エサは止めて下さい」
と永易さんからミニレクチャーを受けます。

funakawa_make.jpg
写真提供Kさん
そのうち、マルキュー本社のKさんが、永易さんの道具で
釣りを始められます。Kさんとは沼津などで何度もお会いしていますが、並んで釣りをするのは久しぶりです。

「勝負です」と言われたので、かなり真剣に釣りをしました。
funakawa_nigiri.jpg
写真提供Kさん

向かい風が昨日同様に強く、海面もかなり波立っていましたので、
少しずつハワセ幅を大きくして行き、これ以上ハワセたら訳がわからなくなる・・という設定でした。ウキがゆっくり、沖に向かって沈んで行きました。

タイミング、ウキの入り、手ごたえから「これはもらった」と思い、
竿を曲げながら隣のKさんに「いただき」と言った途端でした。
ハリが外れました。ガクッ。

このバラシのせいか、その後Kさんにも私にも雰囲気がなくなってしまいました。すみませんでした!

後で永易さんに聞いたところ、今日はフィッシングプレッシャーからか
食いが浅く、バラシもありえると思っていたそうです。

昨日からボウズですので、唯一のチャンスを棒に振ってがっくりです。
その後は、状況は悪化する一方で、午後1時、撤収時間が来てしまいました。

この後、マルキューの方々と永易さんは、次の開催地山形県酒田に移動されました。

■撤収後椿港へ

...read more
スポンサーサイト

  1. 2006/09/12(火) 23:13:44|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:9

秋田で紀州釣り修行(2日目)

秋田遠征2日目初日の模様はこちら
Kishi邸でゆっくり眠らせていただいたので、早朝から元気に
つりショップ海風さんに集合。
今日は、翌日のセミナーのための試釣です。

午前中は海風さんの意向もあり、浅場で竿を出しました。
私はなんだか、この日はとってもチャレンジ精神旺盛でした。
(後でこれが命取りになるのですが)
テトラ上からトリッキーなポイントに挑戦しました。

ノッコミ期にフカセ釣りで実績があるという場所なので、
悪くはないのですが、かなり強い風と、早い潮に翻弄され、
釣りになるのは3投に1投ぐらいでした。

ウキを潮目に落とさないと、あっという間に左右どちらかに
流されてしまいます。それはそれで面白いのですが、
潮目が出来たり出来なかったりするので、困りました。
ここはじっと我慢して投入を繰り返し、潮が緩んだ瞬間勝負かな、
などと考えていました。

永易さんは、波止の上で団子を握って、テトラに降りて
投入しておられました。
2時間くらい竿を出しましたが、早々に結果を出すのは難しいと
いうことと、明日のセミナー会場の試釣をしなければならないので、
移動となりました。

午後から入ったのは、やや沖にある、地続きの長い防波堤です。
地続きといっても、駐車スペースから20分歩くとのことで、
我々は海風さんの船で海からアプローチしました。

ここでの本命ポイントは内向きとのことでした。
永易さん、Kishiさん、かじさんは、そちらに釣り座を取られました。

ところが、向かい風が7~8あり、非常に釣りにくいのです。
海面は波立ち、波頭が白くなっています。
明日の本番も同じような風の傾向とのこと。

ここで私のへんなチャレンジ精神がまた出てしまいました。
外向きは釣れれば型がいいという情報もありましたので、
皆と逆向きに座りました。

マルキューの営業さんも向かい風を嫌って外向きで竿を出されて
いましたので、その団子の影響を受けない距離で
ひとりぽつんと釣り座を構えました。

セミナー本番で風が強い場合、参加者の一部が外向きに釣りをされる
可能性があります。その時のために外向きの情報も必要かとも考えました。

ところがこれが大間違い。
外向きは、海中でケーソンが3段、階段状になっており、
遠投すると、手前の角で根ガカリするとの事前情報をいただきました。

竿2本先くらいの2段目を狙って、団子を投入したのですが、
ちょっと油断するとすぐ根ガカリします。
ケーソン上は平面のイメージだったのですが、崩れなどあり、
そうでもないようです。
時々、団子がケーソンの隙間に落ちるのか、ウキが浮上せずに
根ガカリすることも。

少し投点を前に出して、3段目を狙うと、2段目の角で
ハリスやサルカンが根ガカリします。

左右にも投げてみたのですが、状況はあまり変わらず、
根ガカリばかり。

結局、ずっと根ガカリしていて、最後は頭にきて、
玉ウキで底を切って、ずっと先の砂地へ大遠投。
アジを釣ったりして、何をやっているのか判らずに
終わってしまいました。

内向きで口火を切ったのは、かじさんでした。
永易さんがそれを見て、ややパターンを変えて、本命ゲット。
「だいたい判りました」
永易さんからこの言葉が出た後はたいがい爆発します。

案の定、立て続けに8枚上げて、計9枚。

明日のセミナーに備えて、この釣り場の特徴を把握されたようで、
ひと安心しました。

私の得た情報は、外向きは「根ガカリ地獄」のみでした。

マルキューさんの中に、1枚釣った方もいらっしゃったので、
底を切っていればチャンスはまだあったかも知れませんが、
話を聞いてみたら、それでも根ガカリが多かったとのことでした。

潜って状況を見ていた船木さんの話によると、
外向き2段目には黒鯛が群れていたが、食い気は無さそうだった
とのことでした。

3日目セミナー本番はこちら


  1. 2006/09/11(月) 23:21:12|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

秋田で紀州釣り修行(初日)

060911oga_sn-6.jpg


大師匠であり、マルキュー・インストラクターの
永易啓裕さんが、秋田・山形・新潟でマルキュー主催の
紀州釣りのセミナーを開くという情報が入ってきました。

以前から、Kishiさんのホームグラウンドである秋田にはお邪魔したい
と思っていましたので、秋田行きを決めました。

9月9日昼に横浜を出発、夜9時ごろ、秋田手前の西仙北SAに到着。
そのまま車中泊。目が覚めると、ボケの調達のために房総経由で走ってきたかじさんが到着していました。

かじさんは途中、ヒッチハイクで北海道行きを企てる大学生3人組
を乗せて東北道を走ってきたとのことです。

ゆっくり朝食を済ませ、まず秋田空港に向かいました。
大阪からの便でやって来る永易さんを迎えに行くためです。

降りてきた永易さんは、私にとっては珍しいジャケット姿。
M崎しげるかと思いました。

060911oga_sn-5.jpg

普段は釣り場でお会いすることが多いので、どうしても
ウエアかマルキューのポロシャツのイメージが強かったのですが、
思いっきりオシャレでした。

kishisanchari.jpg


秋田市内で一旦、息子さんの運動会最中のKishiさんと合流し、
軽く打ち合わせしたあと、秋田でお世話になる
つりショップ「海風」さんに。

060911oga_sn-3.jpg


「海風」店長の船木さん。
全国に名の知れたフカセ釣りの名手でもあります。

060911oga_sn12.jpg


永易さんと船木さん、魚を知ったもの同士の話は、
釣り談義と言うにはあまりに真剣で、聞いている
我々は圧倒されました。
(「ぬかすなネットTV」でも一部収録)

船木さんは、疑問に思うと海に潜って見てくるとのこと。
翌日の試釣の時にも早速潜っておられましたが、
見てきたように、ではなく実際見てきたその情報には
一同驚かされましたし、疑問は自分で確かめる姿勢に感服しました。

この後、Kishiさんの案内で、男鹿半島の釣り場を少し見て回り、Kishi邸へ。皆で温泉に入った後、本物のきりたんぽ鍋をご馳走になりました。これがめちゃくちゃ美味かったんです。
(Kishi奥様は、調理師免許をお持ちとのこと)

お子さんがたには、私はダンゴマンとして知られており、
滞在中はダンゴマンと呼ばれていました。
永易さん、かじさんは名前呼んでもらってたのに(笑)

私はなぜダンゴマンと呼ばれるようになったかは>>こちら

kishi_dangoman.jpg


こうして秋田初日は暮れて行きました。

2日目はこちら


  1. 2006/09/10(日) 23:42:56|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

2006マルキューカップ紀州釣り大会@家島

7月は、先の記事に書いた他に、もう一回7月16日に某所へ遠征し、
思ったより貧果の3枚でした。

その後、8月に入ると仕事がピークを迎え、正直釣りどころでは
ありませんでした。そんな状況下でも9月3日に兵庫県の家島で開かれる
この大会だけは、なんとか出場したいと考えていました。

新幹線か飛行機での関西入りを画策しましたが、
結局、荷造りする時間が無く、断念。
前日にバタバタっと荷物を積み込んで、車で行くことになりました。
060903運転


昼過ぎから走り出して、夜11時には会場近くに到着し、仮眠。
3時過ぎに会場に行くと、既に沢山の人と車。
いよいよ、年一回の大会の始まりです。

060903説明


今回は90名を越える選手がエントリーしています。
くじ引きでゼッケン番号をもらいます。
この番号でポイントが決まりますが、順番が来るまで、どこで船から下ろされるかは判りません。

同じ場所に下りた人の中では、番号が若い人からポイントを選択していくルールです。

■大会ボウズ脱出の秘策は

これまで何度もマルキューカップや、MFG紀州釣り部の大会などに出てきましたが、一度も本命を釣ったことがありません。いわゆる「大会ボウズ」です。

7月のてつさんとの釣行で、「自分の釣りができていない」という問題点があるように思いました。大会に限らず、人に影響されすぎ、あせり過ぎです。
自分のやり方を信じ切れない、自信のなさの裏返しでもあります。

今回の大会では、とにかく「自分の釣り」をすること。
これだけを心に決めて渡船に乗り込みました。

060903船の中


てつさんとはゼッケン番号が近く、ポイントが一緒になる可能性もありました。

■3度の大会で3回とも・・・
船に乗り込んだ大会役員の指示で、家島本島のポイントに、ゼッケン番号順にどんどん人が降りて行きます。
そして船が向かった先は、坊勢島。
護岸に数人降りたあと、舳先が向いた先は
「あれ?もしかして・・・」

060903ウキ桟橋


過去2回のMFGの大会でボウズを食らった「浮き桟橋」と呼ばれるポイント。
テニスコートがすっぽり入るくらいの、巨大な鉄とコンクリートの箱を海に浮かべたもの。

ここは、とにかく水深があるのが特徴。浅い所でも20mほど、
深いところでは20mを超えています。

2台並んでいる「浮き桟橋」に今回は4~5人ずつ下ろされました。

3回訪れた家島諸島で、3回とも「浮き桟橋」が割り当てられるとは・・・。
あまりの縁の強さにびっくりしながらも、
過去2回ボウズだった「外向き」は止めて、
「内向き」に座ることにしました。

てつさんは隣りの桟橋で、外向きに釣り座を取っていました。
060903隣りでてつさん


■自分の釣りを
釣り始めて1時間。
きれいに浮きを消しこむアタリで、チヌがかかりました。
あまりに時間的に早いアタリに半信半疑のアワセだったせいか、水面で魚がハリから外れてしまいました。

水深20mの深場では、しっかりアワセなければならないようです。
なにせ、過去2回チヌを釣ったことがないので、初めて判りました。

がっかりしましたが、「いつもの釣り方で釣れる」そう思ってちょっと安心もしました。
そこからは割と落ち着いて釣りができました。。

左側、隣りの桟橋内向きの釣り人が、ポツリポツリとチヌを釣り上げています。
がまかつの竿、糠団子、永易ウキ、団子を握る時間。
初めてお会いする方ですが、かなりの永易流の使い手とお見受けしました。
言葉は交わしませんでしたが、この釣り人の存在が、ずっと私を勇気づけてくれていました。
私もいつもの釣り方に徹することにしました。

■団子アタリ
次にアタリが出たのは、1時間半程後。
21センチの小チヌでしたが、これで判ったのが、チヌが寄ると、
必ず団子アタリを出してくるということです。

1枚目のバラシの時もそうでした。
そういえば、前にここで数を釣った、バクダンさんも同じことを言っていました。

060903竿曲がり


しばらく我慢の後、この日自分の最長寸となる34センチ。

団子アタリの後、前アタリ。しばらくして、ズバーっとウキを消しこんで行きました。
アワセを入れたら、ベールが返っておらず、スカッと空振り。
リールから糸がバサッとでて、ハンドルに絡んでしまいました。
魚はしっかり食ったようで、ウキはどんどん潜って行きます。

緊急事態です。絡んだ糸を外さないと、竿の弾力が生かせず、
またバラシてしまいます。

幸い、絡みはそれほどでもなく、すぐに外れました。
魚もまだ付いています。
追いアワセをくれてから、浮かせました。
ラッキーな釣果でした。

■取りそこねた大物

深い場所で、フグ・ベラなどのエサトリも活発です。
油断すると、団子が着底しなかったり、着底しても30秒持たない
状況になってしまいます。

「攻め深場」を主体に、ほんの少し糠を加え、あまり水分を多くしすぎず、
かといって、パサつき過ぎない範囲の団子を、しっかり握ります。

釣れた後、ハワセ方向でトライしてみるのですが、どうも反応が出ない
ようでしたので、結局ずっと「トントン」。
団子の割れがウキで判る範囲で、しかも団子が割れた後、大きくエサが
動かないようなイメージの設定を維持しました。

微調整を繰り返しながら釣っていると、またウキがゆっくり沈みました。
アワセてみると充分な手ごたえ。
ゆっくりと竿でタメてから・・・と思っていたら、
ハリスが切られました。

どうやら水中にロープか何かあるようです。

その後、ポツリポツリと20センチ台を追加し、合計5尾。
検量対象の数がやっと揃いました。

納竿まであと20分となったので、少しアミエビを追加して、
最後の釣果を拾いに入りました。

3投ほど、エサを盗られて、本当の最後の一投。
ゆっくり入るウキ。

アワセると手ごたえ充分。
最初抵抗した魚は、途中まで浮いてきました。
ちらっと、優勝スピーチを考えてしまいました(笑)

と、姿が見える直前。急に反転しました。
竿がノサれそうになり、思わずレバーを緩めます。
ブーンと糸が出ていきます。

レバーを握りこんでも、ズルッズルっと、止まる気配がありません。
しかも、桟橋の下に潜って行きます。

「まずい」
思った時にはすでに遅かったようです。
何かにハリスを巻かれてしまいました。

無理に引っ張ると、ハリスが真ん中から切れて戻ってきました。

ああっ。

正体はわかりませんが、時計を見ると時間になっていました。
これにて納竿としました。

■検量と表彰式
060903chouka


撤収・上陸後、検量をしてもらいました。
今まで大会で釣ったことがなかったので初めての経験です。

5匹1300g。
これが私の結果。

060903上位


優勝者は5匹で3260g
二位は2660g
(二位はなおきさんでした、おめでとうございます)
三位、2650g
私が倍釣っても、まだ足りません。

優勝の方は8匹、二位のなおきさんは20匹ほど釣って、
その中から選んで検量したとのことです。
私のように、ぎりぎり5匹では太刀打ちできるわけは
ありません。

私が釣れる時には、やっぱり皆にも釣果があり、
参加者のうち6割以上の方が釣っていました。

しかし、釣れなくてうなだれて帰るよりは、
少しでも釣果があった方がうれしいのは確かです。

大会が盛り上がるように、多くのポイントを試釣調査して
ポイント毎のキャパシティーを決め、無理がないように選手を配置
してくれた、大会関係者のご尽力に感謝します。

また、当日も朝早くから運営にあたっていただいた
マルキュー社員の方々、インストラクター、フィールドスタッフの方々
にこの場を借りて御礼申し上げます。

来年もまた、大会が成功するよう願っています。





  1. 2006/09/03(日) 23:14:30|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。