紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

沼津(静岡県)で紀州釣り修行 その2 2005年10月29日

051029釣果


久しぶりにふくさんと
昨日は3時間しか釣りが出来なかったので、今日は夜明けからやる、と決めた。
ふくさんとの待ち合わせは5時半~6時、釣具屋武士。

武士さんの店内でふくさんを待つ間、小物の「反射買い」。
改良チヌ1号5袋 ヒロカのOKハリハズシ2本。
息子さんの仕入れだと思うが、こちらの心理を読んだような
絶妙の品揃えに、思わず「リアクションバイト」。
魚なら、一番先に釣られるタイプの私。

レジ打ちしてくれたお母さんに、「このハリはずし、いいんですよ」
と言うと、「なんだかお客さんが、よく外れるって言ってるらしくて
仕入れたんですよ」

それってオレちゃう?
まけのモノ語りへ

ややトリッキーなローカル有名場所
さて、今日は、ちょっとクセのある場所である。
051029沼津

ごらんのように小さな三角錐のテトラである。
整然と並んでいる部分もあるが、このようにガチャガチャな所もある。
わざわざ乱れた所に陣取ったのは、釣り座となる場所が限られるため、
十分な間隔が確保できるから。
足場は、平均台の上にクーラーを置くような感じである。

実はココ、沼津在住の釣り人なら多分知っている所で、
ハローフィッシング別冊「決定版黒鯛」にも載っている。
(平成11年発行、当時編集チーフはmaruさん)

私も、去年の冬、少しだけ竿を出したことがあったが、
その時は、釣れなかった。ところが、数週間前にふくさんが、
3時間で3枚、別の日に1日で9枚の釣果を上げ、
「決定版~」の記述を裏付けた。

それならば、と今回の釣行となった訳だ。

いつもスタートは同じ
ふくさんから、詳細な情報をもらったが、それはそれとして、
自分で調べられることは、探索しなければいけないと思う。

1回目の団子配合は「エサトリが半端じゃない」という情報をもとに
紀州マッハ攻め深場 5kg
細引きサナギ 150g位
アミエビ 100cc位
海水400cc
とする。

今日の第一の目標は、ひきつづき「納得できるまで団子を締める」
である。半端じゃないと言うエサトリに、どこまで通用するか
腕が鳴る(笑)

1時間半ほど、調査モードでしっかり締めた団子を握る。

前回の遠征時に、団子の握り方を変えたが、どうも左手の
親指と人差し指に力が入りきらず、もどかしい感じがしていた。
日常生活では使わない力なので、指の方も慣れていない。

こういうのは、短期間の訓練で良くなる。
昔、ピアノを習っていた経験から私はそう思っている。
左手の薬指や人差し指は、普通あまり力が入らない。
ピアノでは、そこをコントロールして動かす必要があり、
(左手薬指と小指、5・4のトリル)
訓練によって、別々に力が入るようになる。

ここ数週間、小さなボールをを左手親指と人差し指の付け根で
つぶすような運動をしてきたら、やはり効果があるようだ。

この季節、数週間前の状況は持続しない
団子の割れはそこそこ早いが、サシエサはオキアミで行ける感じ。
エサトリは沢山居るようだが、それほどきつくはない。

ほどなくして、ふくさんが40センチくらいの本命を上げた。
聞くとサシエサはやはりオキアミとのこと。

ちょっと数週間前とは状況が違うようだ。

私の方は、「自分としてはかなり締めた団子」を投げているが、
時々サシエサが戻ってくることがある。
試しに、バッカンの隅に手水を打ち、少し水分の多い団子を握ってみる。
すると、なんとなくそちらの方がエサトリの反応が良いようだ。
サシエサも素直に無くなる。
で、元のパサ気味の団子を打ってみると、
やはり、サシエサが帰って来る。
ただ単に早く割ればいいのかと、パサ・小さい・硬い団子もやってみたが
こちらは、あまり反応が感じられなかった。

少し水分が多い団子を続けて打ってみることにする。
すると、団子が割れるタイミングから、ひと呼吸おいて
ウキがビューっと沈んだ。
竿を立てたが、手ごたえがなく、道糸がそこら中にばら撒かれた。
しまった、ベールが開いていた。

テトラの表面には、貝殻などがいっぱい付着していて、
道糸がそこいら中に引っかかってしまった。
とりあえず竿を竿かけにかけて、足下のテトラに降りて
慎重に糸を外す。

テトラをよじ登って戻り、竿を立てると、奇跡的に魚が付いていた。
小さいが、本命。
団子の締めと不安定な足場に疲れ果て、ぼーっとしていた。
いかんいかん。

難しい質問
そのうち、どうもコーンを使った方が良さそうだなと思っていたら、
ふくさんが2尾目をコーンで釣った。車に忘れていたので取りに戻る。

途中で、仕度をしている釣り人に声をかけられた。
赤いライフジャケットに黒いブーツ。頭にはヘルメット。

「アタリ、ありますか」
この質問は、いつも答えに窮する。
「うーんあー、えーっと、ポツポツ釣れてますよ」

永易流では、基本的に本命アタリがあったら、釣れている。
というか、釣れていなければ自分が悪い。
小あたりを取るタイプの釣りだと、何かのアタリがあるか無いかという
事が問題なのだろうか。

特に沼津で釣りをしていると、良くギャラリーからも挨拶代わりに
聞かれる質問なのだが、何を知りたくて質問されているのか判らず、
どの情報を伝えたら良いのか、迷ってしまう。

それにしても初めて会ったのに、どこかで見たような格好である。
車からの戻り道、何故だろう何故だろうと自問しつづける。

釣り座に戻って気がついた。ヘルメットだ!ダンゴマンだ。
いかんいかんキャラ、パクられてる(笑)

本格的に雨が降り出す
午後1時を過ぎて、本格的に雨が降り出した。
それまでは、曇り空ながら、太陽も顔を出していたので脱いでいた、
カッパをまた着る。今度は本降りだ。

風が出て、雨が横殴りになってきた。
団子のおかわりを作って、水分が馴染む間少し休憩した。
コンタクトレンズと、マルキューのパワー丸バッカンの
フタパタパタ機能のお陰で、最近は雨の日の釣りも楽だ。

2杯目の団子配合
紀州マッハ 約2kg
紀州マッハ攻め深場 約2kg
細引きさなぎ 450g
アミエビ 300cc
海水 600cc
最後にビタバーレ 一握り(これの意味は実験ですので良く判りません)

雨振りということを考えるとかなり水分が多い団子である。

釣り再開後、昼までの結果にしたがって、割と緩い団子で攻めていたが、
途中から、何となく反応が悪くなったように感じた。

丁度団子の水分も落ち着いてきたようで、雨も小振りになって、団子が少し
乾いてきた。それでもやや水分は多いが、しっかり握ってみることにする。
タナは様子を探るため、詰め気味に戻した。

しっかり握って数投していると、コーンと団子アタリが出た。
もちろんサシエサはコーン。「おー」と思っていると、
コツンとウキにアタリ。
「一粒目やな」
またコツンとアタリ。
「二粒目、あとひとつあるで~行け行け~」
と思っていたら、ウキがゆっくり入って行った。
「これはいただきや」

かなり走り回るのを「ちぬ競技」で耐えて、糸を出さずにゲット。
ここの魚は本当に元気がいい。
しかも底にテトラが散乱しているようなので、沖でも手前でも
ハリス切れのバラシが良く起こっていた。

慎重に浮かし切ってから、タモ入れ。
37センチだったが、むっちりした綺麗な魚体で、重量感がある。

ふくさんとの違いはボラアタリ
その後も、いろいろやってみる。チヌも含めて魚は居るが、なかなか口を使ってくれないような感じである

ふくさんとの違いは、ボラアタリがウキに出てないこと。
それではと、さらにタナを詰める。
締まった団子に反応が悪いようなので、ちょっと水分を足し
締めを手加減してみる。

とりあえず、少し大きめの団子を打って、アピール。
それから普通サイズに戻す。
すると、団子着底するかしないかから、ボラが団子に
アタってきた。その設定での数投目。

サシエサが出た後、ボラがサシエサをいじっている。
永易ウキがフワと沈みかけて戻ってくる。
戻るとまたフワ。
これはボラや。
フワ、ボラ! 
フワ、ボラ!
コツン(あ、これは・・・)

一瞬の静寂。そしてウキがゆっくり沈む。

「これも、もらった」
竿をブンと立てると、突然パチンと音がした。
竿先を見ると道糸が風に揺らいでいる。
高切れ。

途中で、道糸を切って仕掛けを作り直したのだが、
もっと先にも傷があったようだ。

ウキをみると、さっきと同じ速度でどんどん沈んで行く。
魚について、行方不明になってしまった。
3500円も悔しいが、ボラアタリの間の違う種類の
アタリを出した奴の正体が知りたかった。
チヌなら、この後そのアタリを取りに行ける。

しかし、時計はもう4時を回っている。
駐車場の関係で、釣りができるのは4時半まで。
もう、仕掛けを作り直す気力も尽きて、納竿とした。

37センチ、30センチ弱? 2枚。
ふくさんは3枚、この他に顔を見てからのバラシあり。

スポンサーサイト

  1. 2005/10/29(土) 23:02:15|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:3

沼津(静岡県)で紀州釣り修行1.5連戦 その1 2005年10月28日

051028沼津


やっと確保した平日釣行を半分以上浪費する
今週は、仕事がひと段落しそうで、嫁の機嫌もまあまあだったので、
金土と沼津に行くことにした。実家が沼津なので、宿泊には困らない。

ところが、水曜日から木曜日にかけて仕事が徹夜になったり、
出発前日の帰宅が午後10時過ぎだったり、全く道具の仕度
がしていなかったりで、早朝出発ができなかった。

翌朝、日が高くなっても、うろうろしてたら、嫁を病院に送ることに
なったりして、ますます出発が遅れ、金曜日、釣り場に着いたのは、
午後1時半を回っていた。たまたま日程と場所が重なった「団長」は、
朝から釣り場に入っている。

場所は、ちぬ倶楽部の前の号で紹介したところだ。
私の中では、かなり一般的な有名場所という感じで、最近はあまり竿を
出す機会が無かった。一時期は混雑していたというのも、足が遠のく
原因だった。

昼下がりの波止に団子を投げる人、ひとり
あいさつに行くと、波止には団長ひとりだけ。足下には本命2尾がストリンガーにつながれている。
ここのところ、釣具屋さんの釣果情報では、あまりいい話を聞いていなかったが、しっかり釣っているところはさすが団長。
私も早速荷物を運び、釣りを始めた。

団長によれば、エサトリが凄いとのことで、アミエビは入れず、
紀州マッハ攻め深場約2.5kg 
細引きさなぎ300gくらい
海水200cc
で釣りを始める。

団子を作っていると、団長の竿が曲がった。
また本命。3尾目である。

最初は基本どおり、キレの良い団子を、納得行くまで締めてから投入。
タナは、団子の有無が永易ウキの肩に表現されるくらい「詰め気味」で
しばらく様子を見る。

エサトリが気持ちいいくらい団子を割ってくれる。
オキアミは瞬殺。(団子が割れた瞬間に無くなる)
マルキュー「丸エビ」もすぐ盗られる。

コーン中心でローテーション、ていうかコーンオンリー
こうなれば、コーンのお出ましである。
アオハタ十勝コーン(ホール)を取り出す。

今日は、ボケが入手できなかった。2ヶ所電話で聞いて、
その他3ヶ所の釣具屋を回ったのだが、いずれも入荷なし。

その他に本虫を用意しようと思ったのだが、途中の店で
あまりに値段が高いので、次の店で買おうとしたら、
その後の店には置いていなかった。

取られ続けるコーンが残って来たら、ボケで勝負のパターンだと
思ったが、これでは、コーンが残ってきたら、コーン・・・
しかできない。

いろいろやってみる
1時間半ほどして、あまり変化がないので、団子やタナをいろいろ
やってみていた時だった。ちょっと早めに団子を割ったら、
ウキがひったくられた。
結構な引きで、右へ右へと潜る。チヌでは無さそう。
竿をのされそうになったので、ちょっと糸を出したら、
ピタリと動かなくなった。

無理に引っ張ったらハリスが切れて帰ってきた。
グレだろうか、アイゴだろうか、はたまた大ボラだろうか。

痛恨のハリス切れ
さらに1時間後、サシエサへの反応が悪くなってきたように
感じたので、アミエビを入れようかどうか迷う。

とりあえず、バッカンの隅の一握り分の団子の材料に、
数匹程度のアミエビを混ぜて様子を見ることにした。
匂いをつけるようなイメージだ。
様子が変わらなかったり、エサトリがうるさくなり過ぎるようで
あれば、バッカン全体を混ぜてしまえば、集魚を元に
戻す事もできる。

次の一投。
ゴンと団子アタリして、一瞬の静寂の後、ウキがゆっくり沈んだ。
「もらった」
と思ったが、また魚が右に走り、あっと思った瞬間に、また
ピタリと動かなくなった。今度はすぐに竿が跳ね上がった。
ハリスは真中から切れていた。

ポイントの右側に、何かあるのかも知れない。
以前にここで何度も釣りをしているが、その位置に何かあった
記憶はない。
しばらく来ていなかったので、台風でイケスが沈むなど何か
変化があったのかもしれない。

団長が、私のバラシの後に一枚追加(写真で奥の団長の沢が曲がってます
沢は持ってへんやろ、「竿」(後日修正)
した後は「らしい」雰囲気が出なくなってしまい、
暗くなるまで粘ったが、私はボウズ。

3時間ちょっとの釣りだったので、体力はまだまだ余っていた。
ちょっと悔しかったが、いろいろ試せたので、気分は爽快だった。

団長、お疲れ様でした。ありがとうございました。


  1. 2005/10/28(金) 23:02:02|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:1

紀州釣り動画配信サイト新番組

紀州釣り動画配信「ぬかすなネットTV」を更新しました。
これだけ団子の「締め」で騒ぎを起こしてしまったので、
本家「永易啓裕さん」の「締め」のスペシャル映像を公開しました。
通常番組で、神戸和田防新波止編もアップしました。


  1. 2005/10/15(土) 16:16:38|
  2. 紀州釣り番組配信【ぬかすなネットTV】|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

締めはリフティング

てつさんのBlog-Dhttp://clubd.blog15.fc2.com/blog-entry-55.htmlに「締め」について興味深いことが書いてあったので紹介します。

前略
機能面や効果の面を説明する事は難しくはないんですが、そんな事は締めてれば 解ってくる話で、それより僕はむしろ、”締め”というのは、サッカーで言えば、リフティングの ようなものだと思うんですよね。
後略

言わんとしている事、私も同意です。私はリフティングはできませんが、
下の子がかなり真剣にサッカーしてるので・・・。





  1. 2005/10/15(土) 07:07:25|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紀州釣り、団子の締めとは? 10月9日神戸和田防修行記

awase


爆発的上達の2人
バクダンさんとてつさん。いつも私の遠征にお付き合いいただく関西の友人の中で、最近特にメキメキ頭角を表してる方々である。昨年の11月の遠征で、コテンパンにやられて以来、毎度毎度その釣りの凄さには圧倒されぱなっしだ。

もちろん、関西には釣りの上手い友人が沢山いるが、ここは話をシンプルにするために2人に絞らせていただきたい。

彼らが永易流と出会ったのは2002年。私が初めて永易流と接したのが2000年なのだが、後から来た彼らは、1~2年の間に爆発的に上達し、あっと言う間に私を抜き去って行った。もはや、私には彼らの背中すら見えない。

やはり違いは団子の「締め」
この違いはどこにあるのか。永易師匠に聞いてみた。
「団子が握れているかどうか、『締め』ができているかどうかでしょう」
「『締め』が出来た瞬間に劇的に釣りが変わるんだと思います。彼らはその良い例です」
といった回答だった。

従って、この1年の私の紀州釣り修行の目標は、初心の時と変わらず「団子の締め」であった。

自分では「締め」れているつもりだった。2003年秋ぐらいから、「自称締めた団子」を投げていたはずである。しかし、遠征のたびに、爆釣する彼らの横でいくら握っても追いつかない何かを感じていた。

師匠直伝
前回の家島での釣り(まだレポートしていませんが)の後、永易さんの自宅
ガレージでマッハをバッカンに空け、お願いして団子の握り方を教わった。
何度も見ているのだが、今度こそ何かを掴もうと、必死で自分との違いを
探し、質問した。

永易さんも「皆にはここまで教えてませんよ」と言いながらも
親切に付き合ってくれた。

永易さんは、既に団子の締めが身についているから、その握りを解析する
のはとても大変だった。永易さんにとっても解説が困難だったに違いない。
それほど、簡単に締まった団子を握っているのだ。

締まった団子は、私が握ったものと、密度というか、比重が違う
ように思われる。手の大きさによって、団子材の量が違うので、
正確には比較できないが、永易さんの団子は同じ材料で握っているのに、
小さくてずっしりしているのである。

復習できずにまた遠征
その後、釣りに行く機会が作れずに、また次の遠征が来てしまった。
本当は師匠にも、友人にも顔向けできないのだが、自宅を離れなければ釣りに集中できないという事情もあり、恥をしのんでまたハンドルを握った。

今回の遠征の目標はひとつ。納得できるまで団子を握ること。
前回の直伝で、2つだけ発見できた自分の欠点
①団子の締め始めが早すぎる
②締める時、下になる指の支えが甘く、力が逃げている
この修正をしてみるつもりだった。

初日の三重某所では、雨だったこともあり、団子の水分が多くなってしまい、なかなか思ったような締めが試せなかった。

状況も良くないようで、私はボウズ。永易さんが1枚。
同行のなおきさんに2枚と貧果だった。

しかし、なおきさんの1枚は55センチだったのには一同びっくり。
(なおきさん、初年無しおめでとうございました。)
最近なおきさんにもやられっぱなしである。
恐るべし、フリーダム!

2日目和田防新波止へ
三重から戻って、4時間ほど寝て、今度はバクダンさんの車に乗せてもらい、神戸へ。(バクダンさん、渡船の交渉から運転まで、ありがとうございました)

和田防新波止への薩摩渡船は、クルーザーのような渡船でキャビンがしっかりしていてびっくり。
cabin


神戸の町を横目にちょっとした観光気分を味わった。
kobe_day


航程20分ほどで新波止へ。足場が高いので、舳先についたステップを使って登る。常連さんが荷物運びを手伝ってくれた。
hashigo


団子の握り方を変える
人によって団子の握り方はさまざまだと思うし、手の大きさや力も違うので、万人向けの正解は無いと思うが、自分の握り方を変えてみた。
私は手が大きいので、普通に手の平に包み込むような握り方をすると
巨大な団子になってしまう。小さく握るために、下の手の指の付け根あたり
で握るクセがついていた。
これが、どうも「締め」を甘くしているようだと気がついた。
そのため、団子の握りにもう一工程加えることにした。

整理すると、以下の三段階である。
①団子材を手にとり、サシエサをはさみ、とりあえず形にする。
②今までの握り方で、これ以上固くならないところまでしっかり握る。
③下の手の親指・人差し指中指薬指に包み込むように団子を握りなおし、上の手は親指人差し指を中心に、団子を小さくしていく。
その際、グーーーーーーと持続的に力をかけるのではなく、体重を乗せて、グッグッグッと押し込んでいくようなイメージ。不思議なのだが、この時あわてて締めようとすると、かえって固くならない。じっくりと団子を小さくしていくイメージで均等に圧力を加えないとダメなようだ。

言葉で説明するのは難しいので、後日ぬかすなネットTVをご覧いただいた方が判り易いかもしれない。
下の写真の2・3・4が工程①②③に当る。写真3と4で微妙に握り方が違うのがお分かりいただけるだろうか。
dango_all


もちろん名手たちは、こんな風に段階分けしていることは無いと思う。
あくまでも、私が「締め」の練習のために、意識的に分けてみたまでで、
なれるとこれが一連の動作になるのではないかと思っている。

これで実際どうだったかと言うと、自分としては今までより固い団子が握れるようになった。しかし、横目で見たバクダンさんよりは、まだ団子の持ちが悪いようであった。

ただでさえ手返しの早くない私だが、さらに手返しが遅くなった。
これに関しては、バクダンさんのコメントがありがたかった。
「でたらめな三投より、しっかり握った一投のほうがマシですよ」
慣れれば、早くなるはずである。

チヌいっぱい、底がちゃがちゃ
新波止での釣りは、楽では無かった。
一尾目は、調査モード中に偶然食ってきた。
chouka1



オキアミもボケも一瞬にして盗られるので、コーンを中心にローテーションしていた。

私が勝手に命名した「調査モード」とは、永易ウキをシモらせないが、肩の動きで団子の割れが判る程度のタナ設定にする。良く締めた切れの良い団子で、変化を、特にチヌの寄りを察知する設定のこと。釣り始めは、いつもここから入ると教わった。

一尾目を釣ってから、色気を出して、テンションを抜く方向に釣りを持って行くと、根ガカリが頻発した。仕掛けのひっかかり方からして、単純な形の障害物ではなく、もしかしたら沈みテトラだらけ?という雰囲気だった。

そんな中、納得できるまで握ってから投げることを繰り返すが、
段々、サシエサが残るようになってきいた。昼ごろには、オキアミも盗られない状態になり、行き詰まってメシを食うことに。

メシを食いながら、バクダンさん、永易さんの話を聞き、
仕掛けを立て気味にした方が良いとの情報を入手。
食い終わってから、すぐに仕掛けを立てて釣りを始める。

何故か判らないが、仕掛けを立ててしばらくして2尾目。
次の一投もあきらかにチヌあたりだったが、ハリスを障害物に
擦られて、竿が跳ね上がった。
底が悪いので、早めの勝負をしなければならない。

ちょっと早く割るということ
団子はちょっと早めに割ってあげた方が良いようだ。
「なんだ、結局締めなくていいんじゃないか」という訳ではない。

締めて持たすのではなく、水分を多くして持たせたらどうなるかと、
やってみたら見事に着底しない。エサトリが多いのだ。
しっかり締めた団子を少し早めに割る必要がある。
これには、団子を小さく握ればよい。

このへんの話は、知識として持っていたが、確信を持って実行できたのは
今回が初めてのような気がする。締めた団子を投げているからこそ、
少し早く割ってみようという事になるわけで、最初から早く割っていたら、
おそらく結果は別のものになっていたと思う。
なにせ、今までの自分の団子が「最初から早く割る」状態そのものなのだから。

てつさんやバクダンさんが、ちょっと早く割る、というのを真に受けてはいけないところが、ここなんだろうな、と納得する。
言葉は基準が不明確である。「ネバい」も怪しいものだ(笑)

それでもやっぱりダブルスコア
パターンを掴んだので、3尾目は程なく釣れた。
ところが、今度は潮が早くなってきた。最初は永易ウキのまま我慢していたが、そのうち、シモリ方がひどくなってきたので、潮切りウキに変える程だった。

この結構早い流れの中で、バクダンさんが一尾釣り上げた。
ウキを見ると永易ウキである。

あれ?と思って永易ウキに戻す。潮が緩んだのかも知れないが、
なんとかアタリが取れるようになった。

明石海峡大橋に夕日が沈んだ後、真っ黒な4尾目を釣って、終了。
yuhi


自分としては満足の釣りだったが、結果は、永易さん9枚、バクダンさん8枚に対して、私が4枚と、ダブルスコアだった。もともとこの2人に勝てるとも思ってなかったし、永易さんとトリプルスコアにならなかっただけマシだと思う。
choukaichiran

ちなみに永易さんは新波止は初めて。バクダンさんも永易流をやる以前に来たことがある程度で、私とほとんど条件は一緒だった。


渡船の都合で、迎えの便が午後8時だったが、一日の釣りの充実感と宝石のような神戸の町の夜景が、時間を忘れさせてくれたkobe_night


夕飯を食べながら、永易さんからひとこと
「まけさん、今日は少し『締め』について判ったことがあるんじゃないですか?それであと一年くらい、サボらずにがんばれば、上手くなりますよ」

一年か・・・・先は長い。
------------------
今回もいろいろお世話になりっぱなしですみませんでした。
バクダンさん、永易さん、なおきさん、ありがとうございました。

以上


  1. 2005/10/09(日) 10:50:01|
  2. 紀州釣り修行記|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。