紀州釣り修行記~黒鯛(チヌ)の伝統釣法「紀州釣り」の修得を目指す男の足跡
黒鯛(チヌ)を狙う「紀州釣り」は、歴史ある釣法だが、今なお進化を続けている。そのひとつ、永易流ハワセ釣りの魅力にとりつかれた「まけ@ダンゴマン」の、七転八倒周囲爆笑の修行記ブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ダンプリングスペシャルお買い上げのお客様から

ダンプリングスペシャル

私が店主である紀州釣り専門釣具店「紀州釣りドットコム」では
今月に入って、紀州釣り専用竿「ダンプリング・スペシャル」の取り扱いを始めています。

そこでお買い上げいただいたお客様から、釣行レポートが届きましたので紹介します。(転載の許可をいただいています。ほとんど原文のままです)


MTさんより

「ダンプリングスペシャル」を持って釣りに行ってきました。

山口県、周防大島です。

結果は、27、30、42cmの3匹でした。

竿を使ってみた感想は「とにかく使いやすい」「これいいわぁ」です。

まず、穂先がしっかりしている点。
竿をクーラーの竿掛にセットしてダンゴを握っているのですが、
今までは、ダンゴをグッと締める動作が竿を揺らして、
穂先に糸が絡んでいました。
今回はそれが全くありませんでした。
ダンゴを握り終わってすぐに投入動作に入れるのが良かったです。


チヌが掛かってから・・・。
1匹目が42cmだったのですが、ウキが入ったときには魚が走りだして、
あわせる前からラインがスルスル引き込まれていました。
あわせて魚の重さを感じたときには突っ走っていました。

強い引きに「おおっ」と慌てそうになりましたが、
魚の動きを竿がしっかり受け止めてくれ、あまり暴れさせることなく取り込む
ことができました。
竿の曲がりは、胴に乗ったきれいな弧を描いていました。


27cmが釣れたときは・・・
試作段階で、引き抜いて竿が折れた話を思い出したので、
試しに引き抜いてみました。
当然ですが全く問題ありませんでした。

竿のデザインもいままで使っていたものと色違いになったような感じで
違和感なく受け入れることができました。しかも青がきれい!


今回の感想は、褒めようと意識したものではなく、本当に感じたことを
正直にお知らせしています。

これからもこの竿をずっと使い続けていきます。


いい買い物をさせていただきました。
ありがとうございました。

山口県 MT




使った時のあの感じ、やっぱり感じていただけたようで、
私も嬉しいです。

続きがあります↓

...read more
スポンサーサイト

  1. 2008/08/18(月) 18:05:13|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

凄い竿が出たもんだ

出る出るとは聞いていました。

紀州釣り専用の竿
ダンプリング・スペシャル。

ふーんそうなんだ。
反応の薄い私。

永易啓裕さん監修。

永易ヲタと呼ばれるようなレベルの永易流修行者であっても、
そんな、名前付けただけでは買いませんよ。
高いし。

今使ってる「がまのちぬ競技」だって目だった不満ないし。
時々穂先に道糸が絡むのは、自分の腕のせいだし。

ということでスルーほぼ決定だったのですが、
「ぬかすなネットTV」的にはニュースとしてお伝えしたいと思い
MFG紀州釣り部の大会の前日、発売元の谷山商事さんを尋ねました。

ちょうど永易さんも用事があるということで、竿の企画・開発責任者である
谷山商事の部長さんと、永易さん二人にインタビューをお願いしました。

開発秘話インタビュー動画はこちらのページに↓
http://kishutsuri.com/dumplingsp.html

谷山商事さんインタビュー

「開発に3年」「奇跡の1本」「10年使って欲しい」

あれ?名前をつけただけの竿じゃなかったんだ。
ご両人の気合の入った話に、徐々に自分の認識が間違っていた
ことに気がつきました。

その場で1本仕入れさせていただき、翌日の釣り大会でいきなり筆おろし。

080726家島


チヌもちゃんと2尾釣りました。
大きい方が35センチくらいかな。

釣りながら、ああ、この竿は凄いなと納得しました。

今まで使っていた竿に急に不満が増えてしまいました。

竿先絡みのトラブルが全く起きません。
たまに絡んでも、水中で穂先を振るだけでさらっと取れてしまいます。

あれって、何回かからむと、道糸にクセがついて、余計絡みやすくなるんですね。
絡まないからトラブルが増えない。

魚をかけて、さらに納得。

竿曲がり


先ほどまでの先調子のコントロール性の良さから、
竿全体が硬いのではないかと感じていたのですが、
チヌがかかると、しっかり胴に乗り、やわらかく受け止めます。

全く不思議な感覚です。

さらに、竿2本半とやや深い水深から、苦もなくチヌが上がってくるのです。
もう少し引くだろうと思って身構えていたのですが、
ゴリ巻きでもあっという間に浮いてしまいました。

凄い、すごすぎる。

ということで 釣武者 ダンプリング・スペシャル
紀州釣りドットコムで取り扱い決定。

紹介ページ↓
http://kishutsuri.com/dumplingsp.html

※販売価格について
買い物カゴの表示と自動返信メールには「定価」が記載されます。
実際にお振込みいただく金額は、紀州釣りドットコム通信(6)をご覧下さい。

またメルマガ「紀州釣りドットコム通信」読者以外の方で
ご興味がありましたら、メールで問い合わせてください。



  1. 2008/08/08(金) 00:20:28|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

紀州はわせ釣り 永易流奥義 新タイトル出します 

なんと、ブログ更新が1年ぶりになってしまいました。
大変申し訳けありません。

去年の7月に個人事業を法人化したり、いろんな勉強に行ったりで
釣りをする時間がとれないどころか、発売を予定していたDVDの編集作業も
遅れに遅れてしまいました。

今年の春あたりから少し落ち着いて取り組み、やっと新製品が発売できます。

既に、掲示板やメルマガ、または検索エンジンの広告等でご存知だったり
もう、予約をしていただいた方もいらっしゃるかと思いますが、
まずは、一般発売のものから紹介します。

其の零ケース


「紀州はわせ釣り 永易流奥義 其の零」です。

紀州釣りの初級者を対象にしたマニュアルDVDです。
もちろん説明は永易さんです。
紀州釣りに興味を持っている方に広く買っていただきたいので、
思い切って安い価格を設定しました。2940円(税込み・希望小売価格)です。

よっ安い!(笑)

7月中旬発売予定です。

内容はこんな感じです。
其の零ジャケット裏


初級者向けと言いながら、相変わらず濃い内容なので、
ベテランの方の基礎のチェックにもおすすめです。

また、このDVDには、「紀州はわせ釣りシリーズ 其の壱・其の弐・其の零」3作の解説を
インタビュー形式で収録した特典映像が付きます。


実は、このインタビュー、最初は其の零の解説だけと思っていたのですが、
インタビューアーの私が、質問を考える段になって、
あれもこれもと盛り込みすぎ、3作分の解説にとどまらず、
なんと、3時間もの間、カメラの前で永易師匠を問い詰めてしまったのです。

ですから「其の零」にも収録しきれない、質問と回答の映像が山のように出来てしまったのです。

編集しながら、これは紀州釣りの上達を目指す方に役に立つだろうなあ、と興奮するほどの
内容でしたので、私だけの秘密にするのはやめることにしました。

そうして出来たのがこれです。
小一時間問答


「紀州はわせ釣り 永易流奥義 小一時間問答」
(紀州釣りドットコム専売商品です。釣具店ルート・Amazon等では販売しません)

問答自体は3時間ほどあったのですが、編集後の時間で59分ありました。
それで「小一時間問答」としました。

あまりに内容がマニアックなため、一般発売はせず、紀州釣りドットコムだけで
こそっと発売します。

今、予約を受け付けています。
かなり予約特典がついていますので、お見逃しなく。

小一時間問答予約限定セットはこちら
http://kishutsuri.com/koichijikan_yoyaku080627.html

販売数量も量産する程ではないと思われますので予約数量に応じて生産を手配します。
その関係で先行予約という形をとらせていただきました。
マニアックな商品を世に出すため、皆様のご協力をお願い申し上げます。

ということで、MFGの紀州釣り大会も迫ってきました。
どうスケジュールをやりくりして出場するか、画策中です。

ぬかすなネットTVの方も復活を目指しています。

ご期待下さい。

って大丈夫か?

皆さんの応援が私の力になります。
よろしくお願いします。


  1. 2008/07/09(水) 21:03:13|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

永易流でいうトントンとハワセ幅

永易ウキ
写真はDVD「紀州はわせ釣り 永易流奥義 其の壱」より

またまた、てつさんのブログ=BLOG-Dからの引用です。

「潮が早くなって、ウキがシモるようになったので、ハワセ幅を大きくした。」

てつさんは、この言い方に違和感を覚えるようですが、私も同感です。

ウキ止めを手前方向(タナが深くなる方向)に動かすという行為には
変わりがないのですが、これは「はわせ釣り」の定義に関わる問題でも
あるので、私も少し書いてみようと思います。

■永易流トントンとは
いずれの言い方も、ハワセ幅とは「トントン+α」の「α」の事ですから、
トントン=水深であれば、この言い方は「アリ」です。
この考え方だと、水深近くに合わせたタナより、
ウキ止めを手前にずらす距離全てが「ハワセ幅」となります。

少なくとも永易流で言うところのトントンは=水深ではありません。
このあたりはちぬ倶楽部6月号の永易さんの記事でも明確に語られています。

「ウキで最も小さくダンゴの割れが確認できるタナ」
これが永易流で言うところのトントンです。

DVD「紀州はわせ釣り 永易流奥義 其の壱」をご覧になっていただくと
判りますが、釣りの最初の「判り易い設定」と言っている所が、
永易さんのトントンでの釣りです。

■トントンは維持するもの
このトントンのタナは、潮の流れやその他の条件によって、
ウキ止め位置が変わります。一定ではありません。

そうして「維持する」トントンから、さらにウキ止めを、手前にずらした時、
初めて「ハワセ幅」が生じます。
これを永易流では「はわす」と言っています。

ですから、潮が早くなってきて、ウキがしもるから
そのしもりを解消するために、タナを動かすのは、
ハワセではなく、トントンの維持となります。

■はわせ釣りとは?
これは、はわせ釣りとは何か、という定義の問題にもなります。
水深+αのタナで釣ることを「はわせ釣り」という定義をする方もいますが、
少なくとも永易流では、そうではないと言えます。

では、永易流はわせ釣りとは何か。
私は、エサを動かさないこと、と定義しています。
ダンゴが割れた後、サシエサができるだけその場に留まるようにすること。
これが永易流「はわせ釣り」だと思います。

■私の現実は
しかし、私にとっては、トントンを作るのも維持するのも大変なんです(笑)
同じ条件下では、永易さんのトントンと私のトントンでは、私の方が
タナが詰まっているでしょうし・・・。

ハワセたつもりが、またウキがしもったり・・・
これは、ダンゴの割れが一定でない、つまりダンゴが「握れていない」
ために起きます。
私の場合には、トントンを云々する前に、ダンゴをしっかり締める事が
課題なのです。

■ウキの特性も
また、使用するウキによっても随分違ってくるとは思います。
玉ウキのトントンと永易ウキのトントンでは、タナは違ってくるでしょう。

永易ウキは、その独特のフラフラ感と、肩の動きで、かなりウキ止めを
深い方向にずらして行っても、ダンゴの割れを表現します。

永易ウキの「肩」は、「エサトリのアタリを消す」ような作用をするもの
ではなく、かえって、鋭敏に海中の様子を表現してくれます。
詰めたタナで使えば、エサトリのアタリは出まくります。
また、そうでなければ「トントン」で「チヌの気配を感じる」ことなど
できないでしょう。

エサトリのアタリを消すのは、「はわせ幅」です。

話がずれましたが、てつさんの記事を見て、リアクションバイト(笑)



  1. 2006/04/27(木) 23:46:34|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0

永易ウキケース(コンセプトモデル)

永易ウキケース(コンセプトモデル)

ちょっと「ぬかすな掲示板」で話題になったので、永易ウキのケースを試作してみました。

ホームセンターコーナンで売っていた手ごろなケースと、
発泡ゴム?を使用しました。

※関東にもコーナンがあるんです。無添くら寿司と、スーパーLifeの
関西資本の組み合わせで、大船にショッピングセンターがあります。

作っておいてなんですが、作ってる最中に「こりゃ駄目だ」と思いました。
ウキの固定は、黒い発泡素材にV型に切れ込みを入れてあり、そこにはめ込むのですが、はめるのに時間がかかります。ほんの少し。

永易ウキケース外観(コンセプトモデル)


実釣では、そんなに丁寧に扱えないと思うのです。
Mを使っていて、「次はS」と思ったら、
今の一投のダンゴが割れるまでの間に、Sを手に取らなければいけないし、
海上のウキの動きからもあまり目が離せない状況がしばしば。

次のウキは口に咥えて、仕掛けを回収し、ウキを外したら、
水汲みバケツに放り込み、次のウキに交換します。

こんな状況では、丁寧にケースに入れていられない。

そんなことから、この固定方法は実戦向きではないような気がするのです。

それと、4本しか入らない。
Sの目印大小・Mの目印大小・・・SSはどうする?
紛失した際の予備は?
ということでケースが大きい割に収納本数が足りません。

いいところは、寝ウキや、玉ウキ、永易潮切りウキなども
一緒に入れられるところでしょうか。

あくまでもコンセプトモデルです。

ケースのサイズはいいようですので、柔らかいウレタンでも敷き詰めた方が
良いかも知れません。

ま、お遊びということで。

ちなみに、永易潮切りウキのSML3つが綺麗に入るケースがあります。
写真の35mmフィルムのケースです。
このケース、あまり見かけなくなりましたが、綺麗に3つ入って、
ベストのポケットでも邪魔になりませんし、押されても潰れないので、
これはお勧めです


  1. 2006/04/27(木) 22:08:24|
  2. その他|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。